HOME  採用情報  先輩社員メッセージ

先輩社員メッセージ

製造部第一工場:滝澤貴史(入社3年目)

気持よく仕事に取り組める職場作り等の改善活動に取り組んでいきたい。

入社の動機

私は食べることが大好きで、自分がおいしいと感じる商品をより多くのお客様に提供したいという思いから、 食品業界に行こうと決めました。又、食品の中でも特にお肉が好きで、食肉関係に絞って就職活動をしました。 もう一つ私が就職活動をするに当たり重要視していたことは、楽しく、笑顔で仕事ができ、みんなで物事を進めていける 職場でした。この思いを胸に、就職活動をしていて、思いに一致したのが昭和食品でした。 それは入社説明会の時のことです。質疑応答の際、恥ずかしい質問や失敗談にも笑顔で答えてくださいました。 このことで、昭和食品なら「楽しく、みんなと協力して仕事ができそう」そう思い至り入社を決めました。

入社して感じたこと

まだ入社して右も左もわからない私に、社員、従業員の方々はとても温かく迎えてくださいました。 ここは本当に仕事がしやすい職場だと感じました。入社して二年経った現在もそれは変わっていません。 また、当社では外国人労働者の方が多数いらっしゃいます。それは、異文化と接する機会があるということです。 現在は、みなさんと仕事の目標を共有して、楽しく仕事ができています。今後も、このことを活かして自分の成長に 繋げていきたいと思います。 入社して一番強く感じていることは、仕事に対する熱意を強く持ち、何事に対してもあきらめなければ 誰にでもチャンスのある会社だということです。このように、よい職場環境で仕事ができ、このまま仕事をやり遂げる 人生にも大きな魅力を感じています。

今後の目標

現在行っている仕事は、現場での温度管理や出庫、在庫管理などです。 これは、生産現場の基礎を習得するために必要なことだと思います。ゆくゆくは、生産管理や生産技術を身に付け、 工場全般に関わる仕事が出来るように努力しています。 そのためにも、今の仕事を完璧に熟知し、良いもの、悪いものを区別していかなくてはなりません。 キャリアアップとして、新たな事をやっていく必要があります。今まではよかった事も、これからは、 それを変化させ、より良いものにしていかなくてはなりません。一つ一つの仕事を確実に熟しながらステップアップし、 工場全体を把握できた上で、工場を動かす人材を目指していきます。