HOME  企業情報  ごあいさつ

ごあいさつ

赤石社長写真

皆様のご愛顧のおかげで昭和食品は、平成24年には、無事創立40周年を迎えることができました。昭和47年の会社設立以来、業務用の焼鳥や冷凍食品、惣菜の製造販売を主力として、微力ながらも食文化に貢献してまいりました。
 群馬と岩手の製造拠点から、多数の商社の方のご尽力により、首都圏を中心にコンビニエンスストア、量販店、生協、外食産業へと弊社の製品を供給させて頂いております。
特に焼き鳥の生産量は、1日20万本、月間600万本と、業界で圧倒的シェアを誇る地位を確立。加熱加工品をはじめとする生産量は全国的に突出しています。
 最近では、話題のホールセール大手、コストコ様、メトロ様との取引も順調に進んでいる次第です。また、近々では国外へも視野を向け、グローバルな展開を目指しています。そのひとつとして、2011年9月には、中国上海に海外現地法人を設立。中国市場というステップを、「日本の文化“焼き鳥”」で席巻する準備を進めています。加えて、2013年2月からはイオングループ様のご要望により、大阪和泉市に新工場が稼働いたしました。関西への進出は、弊社の製品が加熱加工品、チルド商品、チルド加工品のマーケットの占有率を高めることを意味しています。
 当社の強みは、最新の生産設備と職人技の融合。焼鳥の串を刺す作業は機械ではできません。そこに職人技の冴えが必要です。「もっと美味しく、もっと豊かに、もっと楽しく。」をスローガンに、社員一丸となり、日々取り組んでいます。
 「食文化」創造企業。それが昭和食品の使命だと考えているからです。現状に満足することなく、味の心を追求し、鮮度にこだわり、謙虚な姿勢とたゆまぬ努力をもって、新しい時代にふさわしい食生活を考え、たくさんの美味しさを創造しております。
素材と製法にこだわりを求めた、心温まる味をいつも人々の身近に、いつも笑顔の漂う食卓にお届けできますように。
 これまでも、これからもずっと変わらない私たちの気持ちです。

このページのトップへ